Contents
有限会社 アクティブ プロ
(旧 山陰テント)
■TEL:0859-48-0700
■FAX:0859-48-0600

info@act-p.net






トップページ > アートマネジメント     art management > プレイベント 安来市総合文化ホール2017.9オープン

プレイベント 安来市総合文化ホール2017.9オープン

プレイベント計画

2017年9月オープン予定
2017年9月オープン予定
ヴィタリ・ユシュマノフ コンサート
ロシア生まれ、ドイツで学んだ ヴィタリ・ユシュマノフ バリトン歌手

JAZZ LIVE 
in the part of 清水寺灯参道with

清水寺灯参道イベント企画に加えていただきました

外山雄三指揮 
大阪交響楽団コンサート

NHK交響楽団正指揮者

www.artepia.jp/index.html

アルテピア・プレイベント ヴィタリ・ユシュマノフ コンサート

ロシア生まれ、ドイツで学んだ ヴィタリ・ユシュマノフ
ロシア生まれ、ドイツで学んだ ヴィタリ・ユシュマノフ
安来市総合文化ホール 2017.9オープンを前にプレイベントを企画しました
是非、お越しください
オープンに向けて盛り上げていきましょう

ヴィタリ・ユシュマノフ-バリトン
サンクトペテルブルク生まれ。マリンスキー劇場の若い声楽家のためのアカデミーでソリストに抜擢され、日本(東京)を含む5か国をツアーする。
その後、ライプツィヒのメンデルスゾーン・バルトルディ音楽院及び同大学院で学ぶ。院に在籍。
2012年のドイツのバート・ヘルスフェルト・オペラ音楽祭では「ドン・ジョヴァンニ」の主役で6公演、2013年1月のライプツィヒ・ゲヴァントハウスの「ニューイヤーコンサート」にも出演。

2008年、マリンスキー劇場のメンバーとして初来日して以来、日本と日本の歌に魅せられ、現在、日本歌曲を塚田佳男氏に師事。
2013年の秋以来、オペラ、ソロリサイタル、ジョイントリサイタル、チャリティコンサート、オーケストラとの共演など、日本各地で活発な演奏活動を展開し、特に「格調高い日本語で日本人の心を歌う外国人歌手」との評判を得る。2014年、大阪いずみホールでブラームスの「ドイツレクイエム」のソリストを務める。
2015年2月、デビューアルバム『歌の翼に』をリリース。6月、一般財団法人地域創造の公共ホール活性化事業(平成28・29年度)のアーティストに選ばれる。9月、オペラ「ドン・カルロ」に出演。10月、日本トスティ歌曲コンクールで第1位受賞。
詳細説明 [jpg:559KB]

JAZZ LIVE  in the part of 清水寺灯参道with 

清水寺灯参道
清水寺灯参道
今年も清水寺灯参道を開催します
今年はバージョンアップ
根本堂ミニコンサートと別に、ジャズライブを企画しました
土曜日だけですが、お楽しみ下さい

清水寺灯参道をよりPR出来るように
JAZZ LIVE企画を組み込んでいただきました
実行委員会の皆様、ありがとうございます
清水寺灯参道イベント企画詳細 [jpg:407KB]

アルテピア・プレイベント  外山雄三指揮 大阪交響楽団コンサート

お見逃しなく!!
お見逃しなく!!
外山 雄三(指揮・作曲家)
Yuzo TOYAMA、Conductor
1931年東京生まれ。
東京音楽学校(現在の東京芸術大学)で作曲を学び、在学中の1951年「クラリネット、ファゴット、ピアノのための<三つの性格的断片>」で第20回音楽コンクールに入賞。1952年卒業と同時にNHK交響楽団に打楽器練習員として入団。1954年には指揮研究員となり、1956年9月にNHK交響楽団を指揮してデビュー、以後各オーケストラに数多く客演を開始。
1958年から1960年にかけてウィーンに留学。1960年NHK交響楽団の世界一周演奏旅行に同行し、ヨーロッパ各地12ヶ国で演奏。指揮者としてばかりでなく自作の「管弦楽のためのラプソディー」によって作曲家としてもその名をひろめた。
その後1964年、1966年、1979年のNHK交響楽団海外公演を指揮、1979年にはNHK交響楽団正指揮者に就任した。1985年にはニューヨークで開催された国連40周年記念コンサートにNHK交響楽団とともに出演、全世界に放送された。国内では大阪フィル、京都市響、名古屋フィル、神奈川フィル、仙台フィルの要職を歴任。海外でも日本を代表する指揮者・作曲家として、たびたびオーケストラや国際コンクールなどに招かれている。オペラ指揮の分野でも、その緻密な音楽作りが高く評価されており、1999年三善晃作曲「支倉常長<遠い帆>」、2006年一柳慧作曲「愛の白夜」各初演での圧倒的名演が記憶に新しい。これまでに作曲した作品はオペラ、バレエ音楽、ミュージカル、劇音楽、交響曲、協奏曲、管弦楽曲、室内楽曲、歌曲、合唱曲など多岐にわたる。
1963年第12回尾高賞、1981年第1回有馬賞、1983年第14回サントリー音楽賞、
1999年文部大臣表彰、2000年第48回尾高賞を受賞。
現在、NHK交響楽団正指揮者、スウォン・フィルハーモニック管弦楽団名誉指揮者(韓国)を務めている。
愛知県立芸術大学客員教授。